未熟児養育医療給付

未熟児養育医療は、出生持の体重が2,000グラム以下または身体の発育が未熟のまま出生した子どもで、指定医療機関に入院し、養育を行う必要がある子どもに対して、医療の給付を行う制度です。所得に応じて費用の一部負担があります。

対象者

医師が入院養育の必要を認めた、1歳未満で府中市内に住民登録のある未熟児。

対象となる医療

入院中の診療、処置、手術、薬剤、治療材料の支給、看護等

手続き方法

指定医療機関に入院したら早めに必要書類を持って、府中市健康医療課元気づくり係へ申請におこしください。

必要書類

  • 養育(未熟児)医療給付申請書
  • 養育医療意見書(医師が記入)
  • 保険証(対象児の記載があるもの)
  • 印鑑
  • 納税証明書(家族全員の証明が必要です)
  • 乳幼児等医療費受給者証をお持ちの場合は、併せてお持ちください。

提出書類一覧

所得税等の状況提出書類発行元
生活保護を受けているかた生活保護受給証明書地域福祉課
自分で事業をしているかた
(確定申告をしている場合)
確定申告書の控え
(税務署の受付印のあるもの)
税務署
会社等に勤務し、
給与支払を受けているかた
給与所得だけの場合
(確定申告なし)
源泉徴収票勤務先の会社
給与所得だけの場合
(確定申告あり)
確定申告書の控え
(税務署の受付印のあるもの)
税務署
給与所得だけの場合
(確定申告あり)
上記証明書のとれないかた市(町村)民税の課税証明書 または非課税証明書当該年の1月1日に住所があった市町村
  • 注1) 源泉徴収票または確定申告書において所得税が0円である場合には、そのほかに市町村民税課税証明書または非課税証明書が必要になります。
  • 注2) 市町村民税の非課税証明書は申請年の1月1日に住所があった市町村役場で発行できます。

問い合わせ先

健康医療課元気づくり係(リ・フレ内)

0847-47-1310