予防接種

定期予防接種

「定期」の予防接種は予防接種法に基づき実施され、公費負担により無料で接種できます。
この定期予防接種は、ワクチンにより接種年齢や接種回数が決められています。
府中市では、医療機関で予防接種を受ける個別接種を行っています。

ワクチンの種類と接種期間

BCG

生後5か月~8か月

4種混合(百日咳・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ)

生後3か月~90か月

20~56日までの間隔をあけて初回接種(3回)を行い、終了後12~18か月までの間に追加接種(1回)を行います。

2種混合(ジフテリア・破傷風)

11歳から12歳未満の間に1回接種

麻しん風しん混合(麻しん・風しん)
1期1歳の間に1回接種します。
2期5~7歳未満の子で小学校就学前の1年間(4/1~3/31)に1回接種します。
日本脳炎
1期3歳以上 6日~28日までの間隔をあけて初回接種(2回)を行い、
終了後およそ1年後に追加接種(1回)を行います。
2期9歳~10歳未満の間に1回接種します。
水痘(水ぼうそう)
1回目生後12か月~15か月の間に1回接種。
2回目1回目から6か月~12か月以内に1回接種。

※すでに罹患している人は対象外。

任意予防接種

定期予防接種のほかに、希望によって受ける任意予防接種があります。インフルエンザ、子宮頸がん予防、ヒブ、小児用肺炎球菌、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、水痘(みずぼうそう)などのワクチンがあり、医療機関で個別接種をします。

接種費用は、自己負担となります。

  • 府中市では、市で定めた対象者に対し、子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチンの接種費用を全額助成します。
子宮頸がん予防ワクチン

府中市内にお住いの小学6年生~高校1年生相当の年齢の女子
※中学1年生の間が望ましい。

ヒブワクチン

生後2か月~5歳未満の子
※標準的な接種開始年齢は、生後2か月から生後7か月未満。

小児用肺炎球菌ワクチン

生後2か月~5歳未満の子
※標準的な接種開始年齢は、生後2か月から生後7か月未満。

予防接種実施医療機関

府中市内の指定医療機関で子どもの体調や都合のよい時に受けてください。指定医療機関でも予約が必要な場合や、ワクチンの種類によっては扱っていないものがありますので、健康医療課または医療機関でご確認ください。
実施医療機関はこちら(PDF)

接種間隔について

予防接種で使用されているワクチンには、生ワクチンと不活化ワクチンの2種類があります。異なった種類のワクチンを接種する場合は間隔に注意することが大切です。接種前に、最近1か月以内に受けた予防接種の種類と接種日を確認してください。

接種間隔

同じ種類のワクチンを複数回接種する場合は、それぞれの種類によりきめられた間隔があるので、誤らないようにご注意ください。

接種後27日以上あけるワクチン(生ワクチン)

麻しん風しん(MR)、麻しん、風しん、BCG、水ぼうそう、おたふくかぜ など

接種後6日以上あけるワクチン(不活化ワクチン)

4種混合、2種混合、日本脳炎、ヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がん予防、インフルエンザ など

持参するもの

  • 母子健康手帳
  • 予診票(医療機関にもあります)
  • 37.5度以上の熱があるなど、医師の診断などにより接種できない場合があります。

予防接種について詳しくはこちら(府中市ホームページ)

問い合わせ先

健康医療課元気づくり係(リ・フレ内)

0847-47-1310

上下支所健康づくり係(上下保健センター)

0847-62-2231